管轄の裁判所はどこなのか

国内ではいくつかの種類に分かれて裁判所が用意されており、全国各地に点在している状況です。揉め事や事件などが発生した際に、訴訟を起こすようなシーンがありますが、その際には弁護士等に依頼を行って、裁判に発展することも基本とされています。そんな中、裁判所の中には家庭裁判所といって、通称で家裁と呼ばれているものが用意されています。家裁の場合では管轄する範囲としては、主に家庭内でのトラブルがメインとされています。他には少年審判などの場合でも利用されることもありますが、具体的には多い傾向として、離婚などを行う際にトラブルに発展してしまう方が多く、その内容では家裁によって公正に判断されることになります。家裁に関しては調停というものも利用することができるように配慮されていて、プライバシーの保護のために、非公開として行われる内容も持っていることが特徴になります。例えば離婚後の親権の問題に関する内容や、養育費に関する取り決めなどを決定することも広く行われており、後のトラブルを防ぐ役割を持っています。他には氏名を変更する際や、性別を変更する場面、養子に関する取り決めなども家裁が担当していることになり、一般的な刑事訴訟とは異なる一面を持っています。

コメントは受け付けていません。