不貞行為の立証について

婚姻関係にある夫婦が、配偶者以外の者と性行為などをすることを不貞行為といいます。この行為によって離婚請求をする場合には、その事実を立証しなければいけません。もしその証拠が不十分な場合には離婚が成立しないこともあります。
証拠として採用される物には、写真やビデオ、電子メール、録音テープ、第三者の証言などがあります。しかしこれらの証拠を手に入れたとしても、単に二人で会っていたなどの事実しか確認できない物であれば立証するには不十分です。
そうなりますとなかなか自分だけでは不貞の事実を証拠として手に入れることは困難ですし、証拠を集めている行為が法律違反に該当してしまうケースも有ります。そのような場合は探偵事務所や興信所に依頼することも必要となってきます。
またこの証拠は離婚成立に関してのみ必要となるのではなく、離婚の際の慰謝料の金額にも影響してきます。当然夫婦間の性格の不一致などが原因の離婚よりも浮気などが原因の離婚の方が慰謝料を多く請求できます。また子供の親権に関しても有利になることがあります。
しかし既に婚姻関係が破綻している状況下において配偶者以外の者と性的な関係を持ったとしても、この行為が原因となる離婚請求とは因果関係が認められません。

コメントは受け付けていません。